« 歳末たすけあい | トップページ | ビジネス実務法務検定3級挑戦記(3) »

Kanon 第10話 丘の上の鎮魂歌~requiem~

珍しくほぼタイムラグなく視聴。
せっかくなのでこれで1本書きましょうか。

ここで1ストーリー消化したこともあるのでまとめ的な意味合いも込めつつ。

 ↓ (10:24追記あり)

えーと、基本的には手放しで大絶賛。
非の打ちどころがありません。
その前提で細かい点をつついた感想を書いてみるテスツ。

まずその作画とか構成とかのレベルの高さは今さら私なんぞがどーこー言うことでもなく、真琴編最終話にふさわしいハイレベル。
中の人の演技も安定。
この回だけ、

> 相沢祐一:杉田智和
> 沢渡真琴:飯塚雅弓

と、名雪に代わって正ヒロイン昇格。
キャスト表記にまで手を加えるのはハルヒでもやってたっけ。

しかし文字通り、動物同然の演技をさせられる中の人も大変だ。
(そういえば何かの作品でゆかりんも「すぴーすぴー」言ってましたっけ)
そしてキャスト見てたった5人しか出てないことを知って驚いた。

えーと、本編。
正直ストーリーは覚えるほど分かってるので「泣いた」とかはないのですが。

アニメーションで動くキャラクターを見て改めて関心するとともに、
主人公(祐一)も一人のキャラクターとして確立してしまっているがためか、
どうしても第三者視点からモノを見てしまう。
何が言いたいのかと言うと――真琴をヒロインとして見ることが出来ない。
批判覚悟で臆面なく言うとちょっとアタマがアレな少女の面倒見てるだけじゃないか……(こんなことを言うと鍵のほぼ全ヒロインがアレなんですが)

順序が前後してしまったが、展開について触れておくと、
「最後の一枚」に至るまでゲーム版原作と同一。
水瀬家と真琴のイベントをこの回に集中させたのは良い。
そして最後の最後に真琴はどうなったのか…
…は視聴者のご想像にお任せします、と。
アニメーションになって関心したのはむしろ天野美汐。
原作ではとことん無表情だったので、最後の笑顔は結構効いた。

さて、次は舞ストーリーでしょうか。
予告では名雪もあゆも出てきたので油断は出来ないが。
一旦リセットじゃなくて、あくまで真琴編の続きとして見て良いのかな?
入れ替わり立ち代わり次々と各ヒロインのストーリーを消化していくのは
若干違和感を覚えるものの、作品自体の設定上やむ無しか。
こうしてみると「AIR」のデキの良さが際立ってきますな。
あれはヒロインが3+1人と少なかった点に救われてる気もするが。
とはいえ圧倒的な演出と人気実力を兼ね備えた(ほっちゃんとゆかりんが出てる)京アニ版Kanonが「特A」クラスに変わりはなく、AIRはその上を行く「S」クラスというだけの話です。

さて、次はいつ見ることが出来ますやら。
週遅れの回は通常のアニメ感想に混ぜて書きますのでよろしく。

■追記(12/9 10:24)
各所からトラックバックをいただいております。
これはある意味狙ってやったことなので、それだけでもありがたいことなのですが、
あわせて感想を幅広く読ませていただけるという点でもまた、ありがたいものです。

で、各所で見る「泣いた」の文字。
( ゚Д゚)えー本当ですかー
ま、たしかに「覚えるほど知ってる」俺(鍵信者)なんぞと同じ土俵には立てないでしょうし、初見ならば相当の威力があるのは間違いないですな。
(原作未経験者は置いてけぼりじゃないですか?という気も一方でしてますが)

感性は人それぞれ違いますので、一概には言えませんがあくまで私の場合、
Kanon5ヒロイン陣の中で(残念ながら)一番下に位置づけられるのが、真琴。
あゆシナリオを10としたら4~5程度にしかなりません。
次点は舞が8~9だな。
と言うわけで、ガチで来るであろう舞&あゆストーリー、
レビュアーの皆様の感想もまた楽しませていただきます。
今後ともごひいきに。

|
|

« 歳末たすけあい | トップページ | ビジネス実務法務検定3級挑戦記(3) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。

>……(こんなことを言うと鍵のほぼ全ヒロインがアレなんですが)

 うはは、確かに…『うぐぅ』とか『がお…』とか。正直ちょっと引くんですよ…

>最後の笑顔は結構効いた。

 祐一と共に何だか憑きものが落ちたかのようにスッキリした顔してましたね。キツネだけに。
 やはり次への繋ぎからこうする意外にないのでしょうね。

投稿: サトシアキラ | 2006.12.08 23:51

お世話になっております。

> …『うぐぅ』とか『がお…』とか。正直ちょっと引くんですよ…

非常に率直なご意見ありがとうございます(笑)
鍵ゲーヒロインの標準装備ですよね。
それ込みで楽しめる我々のような人種は別として、やはり世間一般にはお勧めできません。

 #ローゼン麻生氏は理解してくれるだろうか?

> キツネだけに。

うまいっ!
本文中にも書いたんですが、場面自体は原作踏襲ながらビジュアルとして天野の笑顔は原作にはなかった(はず…)のでこれだけでもアニメ版見た価値があったなーと思わせてくれました。

> やはり次への繋ぎからこうする意外にないのでしょうね。

ですね。真琴編における祐一に一応の決着をつけさせる意味合いを持たせたのだとしたら上手く出来てるな、と思います。

それでは!

投稿: 鏑木 | 2006.12.09 00:28

>すぴー
確かSNOWのウサギだったような…

投稿: シール | 2006.12.11 13:07

■すぴー
どう考えてもウサギはこんな鳴き方しません。

ですが、ゆかりんボイスならば全て許します(ぁ)

投稿: 鏑木 | 2006.12.11 23:00

>ボイス
若本ボイスでも(略

投稿: シール | 2006.12.15 16:52

■ぶるぁー
どう考えてもそんな鳴き方をするガーゴイルは居ません。

そもそもガーゴイルなんて生き物が居ないはずと言うか若本万歳。

投稿: 鏑木 | 2006.12.16 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/12988033

この記事へのトラックバック一覧です: Kanon 第10話 丘の上の鎮魂歌~requiem~:

» Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌 〜requiem〜」 [まったり〜隠れヲタ日記!]
うあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ 真琴編が終わってしまった・・・ [続きを読む]

受信: 2006.12.08 23:30

» Kanon 第10話・「丘の上の鎮魂歌(レクイエム)〜requiem〜」を見て寸評 [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 しかし一番印象に残ったのは水瀬家の温かさだな。ハタから見ていると、どうしても祐一が全員の兄的な雰囲気に見えて仕方がなかったのだが…だから結婚する、恋人同士になるというイメージが湧いて来にくかったのは確か。  でも、丘の上での真琴とのやり取りは良かったね。最後の最後まで一緒に居る姿は、一種の神々しさというか…それでも前述のように『仲の良い姉弟が仲睦まじく遊んでいる』、もっと言ってしまえば『○○○... [続きを読む]

受信: 2006.12.08 23:49

» 『KANON』 第10話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
とうとう、真琴は去ってしまいました。 この真琴の話は、去り行くものを残される者はどう見送るか、その理想論が見えたような気がいたします。ただ単純に「お前の事を忘れない」と言うよりも深い次元で、ふか〜く想う事で… kanon Original Soundtrack KSLA-0006 このCDが、ゲームのBGM集です。今のところ主題歌のフルバージョンが聴けるのはこれだけです。 Kanon... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 01:04

» Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌〜requiem〜」 [電撃JAP]
やっぱり京アニだけはガチ!! [続きを読む]

受信: 2006.12.09 01:19

» 「Kanon」第10話 [月日夜の嗜好感想記2〜健全なブログを目指して〜]
= 第10話:「丘の上の鎮魂歌〜requiem〜」 =    内容については最早語る気は……。  以下ウルっときた。若しくは泣いたシーン。  美汐との邂逅。   「お名前は?」  「まー……、まー……ま……こ……と……」  [[attached(1)]]  前回も思い知らされましたが、飯塚雅弓さんの演技力に脱帽。  真琴が美汐に心を許したシーンは素晴らしいですね。    4人での食事。  こういう幸せそうな映像はヤバイです…。 ..... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 06:00

» (アニメ感想) Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌(レクイエム) 〜requiem〜」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
Kanon 2 徐々に人間らしさを失っていく真琴。そんな彼女を優しく見守る名雪と秋子。祐一は、やがてその時が近づいていることを自覚し、美汐に真琴にあって欲しいと頼むのでした・・・。... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 11:41

» Kanon第10話「丘の上の鎮魂歌〜requiem〜」見ました [studio WATERCASTLE blog]
Kanon第10話「丘の上の鎮魂歌〜requiem〜」見ましたー 色んなブログで「次号号泣」みたいなネタバレしていたにも関わらず、ものみの丘の結婚式の後、祐一が一人で喋っている所で真面目に一粒涙がこぼれました。いい歳して泣いちゃったよぉ 外食にプリクラに結婚式に肉まん…願いは達成されたのでしょうか。 最初から真琴の口癖「あぅぅぅ」は、最後それしか話さなくなる伏線だったんですね。きっと。今そう思いました。 消えた瞬間、鈴だけ落ちている状況に「は?」という感じで思っていたいなくなり方... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 13:17

» Kanon 第10話 丘の上の鎮魂歌(レクイエム)-requiem-あらすじ&レビュー [アニすじ! アニメあらすじ&レビューblog]
(必要なのはタオルと水分補給) ■祐一の部屋の前 朝 部屋から出てくる祐一 [相沢祐一] じゃあ、ちょっと出かけてくるからな、真琴 祐一、中にいる真琴と秋子に声をかける [沢渡真琴] あうー [相沢祐一] ほら、人を送り... [続きを読む]

受信: 2006.12.10 10:25

» kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌 〜requiem〜」 [神音の萌え源泉]
隊長!涙で前が!!画面が見えません!!!。・°°・(;>д [続きを読む]

受信: 2006.12.10 17:24

» Kanon 第10話 [King Of ヘタレ日記]
■Kanon■ [続きを読む]

受信: 2006.12.13 02:46

» Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌」 [アバトーンの理想郷]
真琴編最終回!! 正直あまりにも良すぎて書くことほとんどありません。 何を言っても陳腐な感想になりそうだったので 今回は シンプル イズ ベスト!! べ、別にめんどうだから簡単にしようとか思って... [続きを読む]

受信: 2006.12.13 15:51

» TVアニメ Kanon真琴編 [innocentkyk]
「春が来て、ずっと春だったらいいのに・・・・」 バイトで忙しかったせいもありますが 第8話「追憶の幻想曲 〜fantasia〜」 第9話「子狐の子守唄 〜berreuse〜」 第10話「丘の上の鎮魂歌 〜requiem〜」 と90分まと... [続きを読む]

受信: 2006.12.14 00:06

» レビュー・評価:Kanon/第10話「丘の上の鎮魂歌〜requiem〜」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 68 / 萌え評価 11 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 46 / お色気評価 7 / 総合評価 24レビュー数 98 件 祐一から真琴の正体を聞かされた名雪と秋子。少しでも真琴のそばにいるため、祐一は学校を 休むことにする。そんな祐一に真琴は「けっこんしたい」とつぶやく。美汐なら真琴を理解し支えに なってくれると思った祐一は、美汐に真琴に会ってほしいと頼む。 ... [続きを読む]

受信: 2007.09.01 23:39

« 歳末たすけあい | トップページ | ビジネス実務法務検定3級挑戦記(3) »