« 気分は浦島太郎 | トップページ | 笹の葉事件 »

情けなくて涙が出るという経験

あるいは呆れて、か。
そんなわけで今日も残業23時ペース。
アニメ視聴もままならならず無念。

見たトコまでアニメ感想。

 ↓

【おとぎ銃士赤ずきん】
田村ゆかり最強神話

どうもお世話になっております。
田村で知られるスキー鏑木です。
あまりの見たさ加減に北海道にテレビ付ケータイ持ち込んで視聴。
※このテレビ付ケータイは1円で買って即解約したもの。

そんなわけでいきなり本命新作。
第1話らしい導入。
時代錯誤っぽい感じのくまいボイス少年主人公、
時代錯誤っぽい感じの釘宮ボイス幼馴染み少女、
ゆかりボイスの赤ずきん、檜山ボイスの犬とお膳立てを整ったッ!
こんだけ揃えば声買いしてもオッケーだな!

明らかに女児向け玩具販促を狙ってる魔法アイテムバンクは露骨。
変に一般向けに振った結果、中途半端にされそうな気がする。
3クールあるというし、長期戦の構えかなぁ。

【つよきす cool×sweet】
オンエア前から良くない意味で話題沸騰の本作。
Little Nonのボーカル、どう見ても使いまわしの背景と微妙臭炸裂。
1話からテンション高いが正直、これだけじゃ何がツンデレなのか良くわからない。
まさかあのビンタでツンだと言うんじゃなかろうな。

「だったらわたし演劇部を作りたいんです!」

なにやら微妙な既視感。
これなんてSOS団?

繰り返されるアイキャッチとか、適度な微妙臭。
原作を知らないので原作厨の騒ぎっぷりは理解できないが、
あんだけ叩かれると視聴継続も躊躇する。
ツンデレの水樹ボイス満喫アニメとして見る手もあるが……
水樹奈々×井ノ上奈々の奈々ツートップは狙ってるとしか思えない。

【西の善き魔女最終回】
新作に挟まれての最終回。
気分はすっかり新クールに入ってるのに急に前クールに引き戻された気分。

石田「冗談じゃない!私はまだ死にたくないぞ!」

アスランもビックリのこのヘタレっぷり!
たまらんですな!
石田もすっかりヘタレたところで、俺はすっかり置いてけぼり。

まとめ。
途中見ない時期があったこともあり語る資格自体がない気もするが、
正直、内容詰め込みすぎで中途半端だった感。
視聴再開後は耳に心地よい折笠&千和ボイスを聴いてただけだった。
とりあえずアデイルの可愛さは異常
同人に精を出すアデイル様を最後に見れて良かった。

子供「えー続きは~?続きはど~なるのぉ?」

むかし、ドラクエのアニメがこんな終わり方をしたことを思い出した。
なんか打ち切りみたいな終わり方をさせられてその後変な時間帯で復活したような。
そんな思い出話で幕を下ろしてみます。

ところで「アニメ魂」の次作品ってなに?

【涼宮ハルヒの憂鬱最終回】
ツンデレっぷりを遺憾なく発揮するハルヒ。
世界を賭けたツンデレなんてレベルが高すぎる。
なるほど、これは順番をシャッフルしてでも「憂鬱VI」を最後に持ってくる
必要があったわけですな。

YUKI.N > また図書館に

オープニングで繰り返し出てたこれがネタバレだったのかッ!
分かってて気付かなかった鈍感な俺も俺だが、それを抜きにしても
演出の妙に感動すら覚えた。

普通、原作未読でアニメだけで補完すりゃいいや、というのが俺スタイルなのだが
アニメ見て原作(ラノベ)も読んでみたいと思わせる作品はレア。
最初から最後まで一切の手抜きなし、これは凄いアニメ作品を見させて頂きました。
ハルヒ第2期シリーズがあることを期待しつつまとめ。

【ゼロの使い魔】
「うるさいわねっ!」

とっても釘宮ッ!!
シャナと声だけで聞き比べしろと言われたら無理。
いったいシャナと何がどれだけ違うというのか。

というわけで立て続けに新作。
こんだけ見ると充実感たまらんですな。
第1話は釘宮ボイスのシャナが街にやってくる……じゃなくて
ルイズが使い魔である主人公を召喚するところまで。
典型的導入であり、展開としてはさほど面白くもなかった。


釘宮の歌うエンディングテーマ「ホントノキモチ」は意外と(?)聴けるボーカルですな。
釘宮ボーカル=電波だと思い込んでいたせいもあるが。
まとめとしては少なくとも当面視聴継続確定。

【ARIA THE NATURAL】
油断してるとやられる7分遅れ。
夜明けのネオヴェネチアを独り占めしてる灯里の可愛さにすっかりやられました。

萌える。

萌えすぎるぜッ!!

アリア社長ッッ!!!

灯里「わぁ、アリア社長、わかぁい!」

違いが分かりませんッ!!

【コヨーテラグタイムショー】
12姉妹が空から降ってくるという衝撃の展開。
フタコイオルタナティブのufotable製作と何処かで聞いたが、
これはフタコイへの当て付けですかッ!
しかも名前が月の英名ってナメてんのか。

やや地味だが実力派をラインナップしたキャスティングは魅力。
チェルシー演じる下屋則子氏はなかなかブレイクしませんな。
個人的には実に良い素材だと思うのだが。
それにしても渋ボイス親父(ミスター)とロリータ少女(フランカ)。
これは嫌でもソルティを思い出すキャラ設定だなぁ。
親父がツンデレキャラじゃないのは残念だ。

これで目一杯。残りは週末に。

|
|

« 気分は浦島太郎 | トップページ | 笹の葉事件 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>ハルヒ

DVDではちゃんと1から順番にするらしいですね。しかし名作だったなあ。

>ARIA

実は若い時は若本のボイs(略

投稿: シール | 2006.07.07 16:00

すっかり私とシール様の交換日記です。
若本は渡さないんだからねっ!
などと突如ツンデレ化する俺です。

>ハルヒ
時系列順、いわゆる「ハルヒ話数」ってことですよね。
次回予告も見どころの一つだと思うんですが、どう処理されるんでしょうか?

>社長
若いときが若本で老いるとあんなハスキーになるのかッ!
社長萌え~(嘘)

投稿: 鏑木 | 2006.07.07 23:43

涼宮ハルヒは、とても面白いです★ー!
けど、[涼宮ハルヒのりゅういき]?
が、とてもみたいです。
今度、イヤもし見たらお知らせいただけますか?
 
 話し変わりますが、涼宮ハルヒのどのキャラクターが好きですか?

投稿: 名無し | 2010.11.06 20:36

まさか4年以上前の記事にレスがつこうとは。
しかもハルヒの話なんてしてないのに。

涼宮ハルヒの溜息ならわかりますが、りゅういきはちょっと存じません。
残念です。
好きなキャラクターは妹ちゃんです。

投稿: 鏑木 | 2010.11.06 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/10818788

この記事へのトラックバック一覧です: 情けなくて涙が出るという経験:

» 「YUKI.N>また図書館に」をGIFで作ってみましたw [Tohru'sブログ]
暇だったんで自分の携帯のメール着信画面用に作っちゃいましたw まぁ見れば分かると思いますけど 涼宮ハルヒの憂鬱の長門有希の言葉 また図書館で です 画像は携帯に合わせたので多少小さいですがまぁちゃんとに出来たと思います GIFアニメです。 見たいかたは下をクリック(別画面で開きます) ...... [続きを読む]

受信: 2006.07.08 11:29

« 気分は浦島太郎 | トップページ | 笹の葉事件 »