« 夏の新アニメについて2006 | トップページ | 旅とラノベとTV 付ケータイ »

終わる2006年上半期

だから何?という、所詮は人間様が勝手に決めた暦なのです。

今日は諸事情でやや早めの日記。
仕事サボリじゃありません。午後半休なのです。

今週分アニメ感想。

 ↓

【涼宮ハルヒの憂鬱】
スポンサークレジットのねこマンが毎回変わってるのは気付いていたが、
爺バージョンには思わず笑った。

そんなわけで「憂鬱V」。
前回の朝倉対峙編の続き。と認識するまで数分を要した。
チョイ役のマンション管理人に青野ボイスを起用するこの豪華さ!
そして今週の出演キャラの少なさに吹いた。
みくる出てねぇし!

次回は第6話という名の第14話。
1クールで14話って微妙に多くね?
しかもストーリーをシャッフルして成功してるんだから最強。

【ARIA THE NATURAL】
家まで影だけ踏んで帰る。今日こそは成功してみせるんだから!

アリスのクオリティの高さに感激。
そして初めてアリスに広橋涼ボイスを見た。
結局A&Bパートをフルに使ってアリスオンパレード。
アテナ先輩がまた地味に名キャラっぷりを発揮。

この安定したクオリティがもう1クール楽しめるとは素晴らしい。

【うたわれるもの】
ここに来て気付いたことがある。
萌えと燃えのコラボレーションこそ俺的ベストマッチだと言い続けたが、
エルルゥ&アルルゥの萌えキャラ、
ベナウィ、オボロをはじめとする燃えキャラというコラボレーションは
もはや最強の布陣と言えよう。

【ひぐらしのなく頃に】
ぽか~ん。

【いぬかみっ!】
満を持して登場のカオル様、出てきたは良いがなんもしてねぇ。
その他大勢のいぬかみに至っては台詞すらねぇ……。

変身後ようこ(=妖狐)はションボリック。
水樹キャラもシリアスシナリオも良かったんだけどなぁ。
半端にボケようとするから失敗するんだ。

【ストロベリーパニック】
久々のアマネ×松来ボイスストーリー。
もはや百合前提の展開は突っ込みどころではあるまい。

いきなり地球温暖化について語りだす狐面。馬鹿だ馬鹿すぎる。

松来「離してくださいっ!」
狐面「離せないな。何故なら、月がとっても綺麗だから」

この夏目漱石の話は本当なのか……?

B-Part。
画面が切り替わると突然豪雨、洞窟に避難してる百合2名。
これなんてガンダムSEED?
そして次の瞬間には穏やかな海岸線を歩いてる二人。
これDVD版は洞窟の続きカット追加ですか?

アマネ「ヒカリとここに来られて本当に良かった」
ヒカリ「アマネセンパイ……☆」

中原も清水も千和も出てこないストパニなんてストパニじゃねぇッ!

【貧乏少女物語】
第1話から録画失敗!

ぐぁー……ここ最近の録画失敗率の高さは異常。
改変期を迎えるにあたって先行き不安。


■お知らせ
冒頭に諸事情と書きましたが、しばらく自宅PCから離れる状況となります。
(日記、コメントは通常通り行う予定です。)通常日記のコメント/TBは制限しませんが、スパムの削除等は7/5以降に行いますので予めご了承ください。

|
|

« 夏の新アニメについて2006 | トップページ | 旅とラノベとTV 付ケータイ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/10733766

この記事へのトラックバック一覧です: 終わる2006年上半期:

« 夏の新アニメについて2006 | トップページ | 旅とラノベとTV 付ケータイ »