« かしまし#5 やす菜の目に映るもの | トップページ | 早すぎた名機 »

仕事命

今週の俺はどう見てもネタ不足です。
本当にありがとうございました。

ネタストックも尽き、「かしまし」感想だけの日記も窮余の一策。
漫喫ネタも間に挟んだりはしたものの、実は行ったの先週だし。
これから書くアニメ感想も見たのは全部今日だし(ぁ)

【灼眼のシャナ】
浴衣シャナかわいいよとか言うのはワンパターンすぎる。

満面の笑みの平井ゆかりというかシャナ。
この表情はどうみても不幸フラグです

そして今回も不幸フラグ全力全開の吉田さん。
トーチと知ってしまったときの驚愕の表情はオメガセツナス。
そして悲鳴上げたときの胸元にテラモエス。

「さぁ、盛り上がってきましたよー!」

そりゃ俺の感想そのまんまだ。

しかしシャナでも吉田さんでもなくオガちゃんの告白が聴けるとは。
いっそ、オガちゃんで一話作ってくれまいか。

【Solty Rei】
おいおい、週が明けたらもうお亡くなりですか。
こっちの予想を大きく越えるのが舞HiMEクオリティ。
ほんの少しだけ上に行くのがソルティクオリティ

そんなわけでロイは復活。
なにやら豪華声優脇役4人衆も動き出した。
ゆかりんボイスがめちゃくちゃ引き立ってますよッ!

そして空を舞うソルティ。
飛行機直した上に操縦までしちゃうなんて、ソルティってアタマいいんだな!
ボディは頑丈、でもちょっと足りないコだと思い込んでいた。

ローズ復活はむしろ、ここに至るまでの合理的な経緯を説明してもらおうか。

【舞乙HiME】
後半ココまで来てようやくナツキが本性を現しましたよ。
ヘタレてこそのナツキだぜ。
しっかりオイシイトコをかっさらってくシマシマ団。
さらにミユも登場。MIYU=なんちゃらユグドラシルユニット、ってことは
前作と同じアレですか。

Bパート。
アオイ・セノー壮絶なる最期ッ!!

マシロ様メインのひたすら鬱展開。
仕事柄DQNは氏ねと常々思っておりますが、
まさかこんなところで共感するとは思わなかった。
中でも重要なポジションを占めてた、
オープニングにも出てくる金髪少女(ミミ、であってる?)
なんでココで清水愛ボイス?
これはなんかの伏線なのか?

次回「宿命の17歳(^^;)」

ちょww ココに来てミドリちゃんですかッ!
まったくレベルが高すぎるぜッ!

【びんちょうタン】
どうでもいいんだけどさ、
なんで「びんちょう↑タン↓」って発音なの?
備長炭と同じでイイと思うんだが……。
あ、そうすると備長炭と区別がつかなくなるからか。

って、本当に備長炭として活躍してるよッ!!

しかしこれは良い癒しだなぁ。
舞乙の鬱展開の直後というのがまた絶妙。
変に媚びてないのもいい。
びんちょうタンなんてキャラの存在自体が媚びてる気もするが。

【REC】
前回は敢えて触れなかったのだが(触れたっけ?)
このボーカルは相当アレですな

俺の理解が正しければ、
声優オーディション現場ってのはもっと般若揃いなんじゃね?

もちろん行ったことなんかねぇですけど。

「ウマイキー!」

でも中の人はアレ。
まぁ、ドヘタとは言わねぇですけどさ。
ぶっちゃけると声質的には好きだ。
まとめ。
俺も仕事命ッ!!
にしてあんな出会いがあるんなら幾らでも働くのだがorz

|
|

« かしまし#5 やす菜の目に映るもの | トップページ | 早すぎた名機 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/8600901

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事命:

« かしまし#5 やす菜の目に映るもの | トップページ | 早すぎた名機 »