« マホウ少女ヒビキ | トップページ | 初勝利 »

テイルズオブレジェンディアと双恋島発売について

うっかりしてたら発売日過ぎてました。
結局どっちもスルーパス。
双恋島なんてそもそも興味すらないが。
聞き及ぶところでは2万本の限定生産なんだとか。

前作(漢字双恋)がどれだけ売れたのか知る由も無いが、
限定にしてプレミア価値をつけた上で、
不良在庫を抱えぬようにする寸法か。
逆に言えばそれ以上は絶対売れねぇってことが分かってるんでしょうな。

レジェンディアは製作側(販売側?)が継子扱いしてるぽいんでスルー。
リバースも未開封のままだし。
10周年記念の次回作は買うつもりですよ。

今週ぶんアニメ感想。

【ぱにぽに】
癒し系魔法少女ベホイミオンパレード。

って、ベホイミの中の人は門脇舞だったのかッ!
魔法少女ソージュリンはかなわなかったが、
こんなところで魔法少女門脇を見ることになるとはッ!

専用エンディングテーマには吹いた。

【ラブフェロ】
「ダメにょ。著作権があるにょ」

中の人本物キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!

そもそも本編展開上、
真田アサミが演ずるあのキャラである必要性が全くないのが最高。
声優ネタはもはや唯一最大の見どころですな。

【かみちゅ】
水着エロスw

の回かと思ったらゆりえ様ご両親にまつわる良い話。
今クールのアニメの中ではレベルが一段上だぜ。

【ぺとぺと】
放映曜日も作品のベクトルもかみちゅとバッティングするのが致命傷。
さらばにょみ。

【極上生徒会】
オープニングに隠密最後の一人、桜梅歩登場。
よくよく見ると、スポンサークレジットにはずっと
極上生徒会の面々と並んで紛れてたんですな。

そんなわけでれーちゃん先輩の回。
3段活用も大満喫。
半ば予想通りの半分シリアス展開。
つーか、なんだこの晴れ親父雨娘。
で、実は本編の話は半ばオマケ化感があるのだが、
それでもリリカル奈々穂、苦労人和泉香と極上生徒会構成員の
設定フル稼働。キャラがしっかり立ってる極上クオリティ。

次回、極上札戦闘(フダバトル)。
一見ギャグっぽいが実はシリアスオチを予想。

余談。
今回登場の母親の中の人は沢城ボイス?
元々演技力のある人だとは思っていたがついに母親役とは。

【苺ましまろ】
録画冒頭から台風11号に伴う気象情報が。

その気象情報に突如、
「この番組はジェネオンエンタテインメントと…」
との音声がスポンサークレジット表記と共に被る。
そのままCM。
そしてOPカットで本編開始。なんだこの導入。

ついにジェネオンが台風情報のスポンサーですか。
んな馬鹿な。

本編。
これまたド下手な川澄ボーカルがッ!

「桜木は歌が上手いな~」
「立ってろ笹塚~」

クオリティタカスww

CM。
「ここで台風に関する情報をお送りします。
 先ほど情報が途中で途切れてしまいました」

事故だったのかよッ!!

先週も書いたが、折笠ボイスがレベル高い。
ぽにぽにのマホ、デス種のメイリンと同じ声とは思えぬ演技多彩系。
能登も慣れてきて、声優陣の演技が非常に心地良い作品。

歌はともかく(ぁ)

|
|

« マホウ少女ヒビキ | トップページ | 初勝利 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/5653018

この記事へのトラックバック一覧です: テイルズオブレジェンディアと双恋島発売について:

« マホウ少女ヒビキ | トップページ | 初勝利 »