« 現代におけるデモクラシー論 | トップページ | 5月度検索ワードランキング »

レイニーブルーデイ

「まほらば」を見ようと思ったら、全然違う番組が録れてた。
サプリメントアニメで癒されようと思ってたのに、水着とかみせられても。
野球中継か何かが押したんだろうか。氏ねテレ東!!

鬱。

週末に、マンガ喫茶に行ったんですけどね、
メディアワークスとかマッグガーデンとかが全然置いてないわけで。
声優同様ヲタ臭のするものは嫌われてるのか。
元々マイノリティ需要なのは仕方ないが、
せめてアニメ化した作品くらいは置いとけ。と言ってみる実験。

世にも珍しいコミック感想。

【コミック舞-HiME3巻】
PERFECT
REALIZATION of
INDEPENDENT
ACCESS

略して「PRINCESS」。
もはや何でもありですか。しかもウザ妹。
声優インタビューの清水愛の項、
ミコトに萌えボイス禁止令が出てたとは。笑った。

【かしまし~ガールミーツガール】
あかほり原作。
メディアワークスの棚に行ったら置いてあったんで見てみた。
男の子が女の子になっちゃってどーこーって話。
エロ無し。
あまりにも氏らしからぬ作風にむしろビビった。

「オネニーサマ」発言がらしいといえばらしいか……。
まさかこのワードを今更見ることになるとは思わなかった。

次は買ったもの。

kotori

「D.C.キャラクターコミック Ver.白河ことり」

なんだこの萌え表紙!

右の柱にも何日か前から載せてたんですけど。
これは凄い。
本当にことり一色だったですよ。
レビューか何かにも書いたが、このスーパー萌えキャラ設定に加えて
ほっちゃんボイスなんだからたまらんですよ。

だが、中身は面白かったかといわれれば、微妙。
ネタ重複も多いし。絵も半分くらいが微妙。
同時に買ったのがニニンがシノブ伝というのがまずかった。
1本だけ、さくらが出てくる話が載ってたのだが、本編でも
これくらいほちゃ&ゆかりんの絡みがあればよかったなぁ…という妄想。
まとめ。ことりファン限定で買い。
げんしけん風で言えば無条件買い。というか買え。
ついでに「ハピ☆マテ」も買え。

にわかにダ・カーポブームが再燃してまいりました。
ちなみにこのキャラクターコミック、「Ver.音夢」もあるんだが
そっちはどうでもいい(ぁ)

|
|

« 現代におけるデモクラシー論 | トップページ | 5月度検索ワードランキング »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/4346427

この記事へのトラックバック一覧です: レイニーブルーデイ:

« 現代におけるデモクラシー論 | トップページ | 5月度検索ワードランキング »