« キラ・ヤマトとカガリ・ユラ・アスハによるゴスロリ仮面に関する考察 | トップページ | 新谷良子の演技力について »

引きこもりの禾火

GWですが。

こんな青空の下、引きこもるのもアレだったので
ドライブがてら公営住宅巡りに行ってきた。
普段なかなか現場に行けませんもので。
車内はガンガンにゆかりん。アウトドア派引きこもり。
なにしてんだ俺。

W~wish(ダブルウィッシュ)の話。
公式はココ。プリンセスアワー(アニメ版)はこっち
いまさら感はあるが、始めたもんはしょうがない。
感想をババっとまとめてみます。ネタバレ無しで。

システム面は抜かりなし。
クイックセーブ、オートスキップ、履歴モード完備。

tiarawayのボーカルに載せたOPムービーは逸品。
しかし、本編の立ち絵が酷い。
アニメ版とゲーム版の絵柄の違いは許容範囲だが、
なんでパッケージと立ち絵がこうも違う?

メインヒロインは清水愛ボイスの妹キャラ泉奈。
お兄ちゃん(主人公)にベタベタ。話もベタだが、これは強力。
新谷良子ボイスのもう一人の妹、春陽も強力。
好きな人はもはやこれだけでも買い。
妹の病弱設定、願いをかなえるモノ(D.C.なら桜)の存在、
ふたりの(血がつながってるんだかないんだか)妹、
ぶっちゃけるとダカーポと被ってるわけだが、
野さくと違ってウザったさが無い。最強妹認定
ネタバレなし、と言ったが泉奈シナリオはアニメ版とほぼ同一。
個人的にはアニメと違うエンディング(泉奈EDは2つ)が好き。

アニメで「お助け~」とか言ってた金田朋子ボイス。
どうやってもちよちゃん。
取ってつけたようにtiarawayのお2人(千葉&南里)も
出演してるが、なんかもう脇役キャラなんで略(ぁ)
というか、この3キャラは本編根幹に関わるようなシナリオにはなっていない。
ちょっと拍子抜け。

各所で言われてるようにシナリオの詰めの甘さは若干気になるものの、
W妹のインパクトはそれを補って余りある強力っぷり。
最大の難点は立ち絵。
「清水愛+新谷良子のW妹の好演もあって良作認定」
とはアニメ版視聴時の感想だが、ゲーム版についても全く同じ。
この設定(W妹&キャスト)好きな人は買って損はしないはず(ぉ)
ネタバレ込みの詳細レビューはそのうち。

ちなみに。
去年のGWは「D.C.P.S」をやっていたらしい。
ダメだ俺。
ダメついでに、これから春陽シナリオやってきます(ぁ)

追記。
sennatan

この絵はなんか、もう。ゲーム本編の一場面なんですけど。狙ってるだろ。
とりあえず笑った。

|
|

« キラ・ヤマトとカガリ・ユラ・アスハによるゴスロリ仮面に関する考察 | トップページ | 新谷良子の演技力について »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/3980489

この記事へのトラックバック一覧です: 引きこもりの禾火:

« キラ・ヤマトとカガリ・ユラ・アスハによるゴスロリ仮面に関する考察 | トップページ | 新谷良子の演技力について »