« S氏の誕生日は4月3日 | トップページ | 破滅への序曲 »

改編ラッシュを乗り切る方法について

今日は遅れ気味のシスアドの勉強デーということでLEC自習室へ。
午後は直前対策講義に出席。詳細は後日。

昨日は花見で一日潰れ、今週は課の歓送迎会が2回。
アニメがどんどん溜まっていく予感。
というか、そろそろこんな阿呆な生活をやめろという気がするが。
とりあえずネギまは落ち着くまで切ることにした(ぁ)

と言うことで、土曜分までのアニメ感想。

【スターシップオペレーターズ最終回】
なんか急展開して綺麗にまとめて終わってしまいました。
最後はスターシップチャンネルの設定をフルに活かしてたわけで
思わず感心。王国やら連合やらの話はサッパリだが。
やっぱ3か月という尺の短さかな。ジンキエクステンドもそうなんだが、
半年やってがっつり練りこんだらもっと違う感想になったかも。
ジンキはむしろそうすべきだったと思う。
とはいえ、OA時間帯を考えると内容的にはこの辺が妥当なんでしょうか。
駄作ではないが、名作には(ほど遠く)なりきれなかった。
少なくともアニメ版は。

なんかすげー偉そうなことを書いてみたが、実際には
あんまり考えないで見てたので(シノン以外キャラの名前とかわかんない)
とりあえずそれなりに楽しめました、とだけ。

【舞-HiME最終回】
正直こんなに夢中になって見たのは久々。
オープニングからエンディングまで見逃すポイントは
一切無かった。
あの壮絶鬱展開から大ハッピーエンドになるとは。
強引といえば強引、ご都合主義なのかもしれないが、
最後までいい意味で期待を裏切ってくる展開に拍手。

結局アリッサシアーズも姫カウントだったんですな。
前回リストアップした13人で大正解。
そしてよもやのメンバーフル復活。
碧ちゃんも大復活。
盾の剣道までも伏線だったとは思いもよらなかった。

これを越えるクオリティの作品はしばらく無いのでは。
間違いなく名作認定。

【ゲーム版舞-HiME】
エイプリルフールネタにはワロタ。

しかしゲーム版はまたずいぶん違う絵になってますな。
思わず碧ちゃんに萌えてしまうではないか!

【ケロロ軍曹?】
2年目に突入したケロロ軍曹。
土曜の10時ちょい前に目が覚めたんでテレビつけてみたら。

ふしぎ星の★ふたご姫

ビビった。試しに見てみようとも思ったが、
ターゲットがターゲットなだけにさすがに引いた。

ちなみに軍曹は金曜の夜に移行してたようで。
がーん。

【デス種】
「天使湯」ってなんだよッ!

そして盗聴者ルナマリア。
ルナマリア萌え指数をどんどん上げるアニメですかこれは。

話は変わるが、毎日10件ぐらい「QuietNightCE73」の
検索来訪者が居るのはどうか。総数でもぶっちぎり。
来てもいいことは何も無いぞなもし。

検索の話ついでに
「田村ゆかり 歳」とか「田村ゆかり 三十路」とか
「田村ゆかり 般若」とかいう検索はマジで笑えた。
みんなゆかりんを愛してることがよく分かる(ぉ

新アニメネタはもうちょい後日に。というか未消化。

|
|

« S氏の誕生日は4月3日 | トップページ | 破滅への序曲 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/3549925

この記事へのトラックバック一覧です: 改編ラッシュを乗り切る方法について:

« S氏の誕生日は4月3日 | トップページ | 破滅への序曲 »